表敬訪問to愛郷心溢れるまちづくりレボリューション審査員会議

【奇跡の出会い~全ての出会いは意味がある~】

「出会い」それは「人」であり「機会」であり「気づき」である。

平成29年9月9日に開催する~あなたのアイディアでしらかわを想像~愛郷心溢れるまちづくりレボリューションの

パネルディスカッション パネラーミーチィングを開催致しました。

それぞれの分野でご活躍されている皆様の「しらかわ」の熱い想いを聞かせて頂きました。

写真左側から

・コミュニティ・カフェEMANON 代表 青砥 和希様

※コミュニティカフェの運営を通し、高校生・若者のリアルな声を地域で1番知っている方。

・しらかわの歴史まちづくりフォーラム 植村 美洋様

※歴史的建造物・街並みが残るしらかわ地域で、歴史や伝統を幅広く活用し、新たな価値を持って多方面に活躍している方。

・白河ラーメン とら食堂 竹井 和之様

※白河と言えば全国的に有名なのはラーメンであり、その中でも、世界にも進出しているブランド発信力を伝播できる方。

・私(十文字俊之)

・そして、当日のコーディネーターである企画室長 有賀一裕君

その他に、当日は関谷農園 関谷 裕幸様もお招きして、パネルディスカッションを行います。

オープニングセレモニーでは、【奥州白河太鼓×書道家みらい】ダンスフォーマンスとして【 RHYZM UNDERGROUND 中山 貴踏】も来ます。

そして、多数の応募がありましたが、選考の結果、10組の地元高校生が、【しわかわ】のまちづくり計画を発表致しますので、

平成29年9月9日は、白河文化交流館 コミネスへ足を運んで頂きたいと思います。

【わらしべ物語~人間社会・経済の原点は物々交換だ!~】

㈱吉野家ファーム福島 玉ねぎ 10㎏と交換して頂いたのは、小昼処 和来亭 渡邊 和子様でした。

わらしべ物語りに御協力頂いた時は、な・ん・と新しい生き方の提案するテレビ朝日「人生の楽園」の取材中でもありました。

「人生の楽園」は、

憧れの田舎へのIターン
愛する故郷へのUターン
50歳を過ぎてからの新たな挑戦…。
“自分にとっての人生の楽園”を見つけ、
充実した第二の人生を歩む人たちの暮らしぶりを
美しい風景や美味しい食べ物などと共に紹介します。

故郷を元気にしようと汗を流す人、
長年の夢を叶えて店を始めた人、
大自然の中でゆったりとした“田舎時間”を楽しむ人。
幸せの形は人それぞれですが、様々なセカンドライフを紹介しながら
新しい生き方を提案する、『いい人生の歩き方発見番組』です。

9月中旬 全国放映予定ですのでお見逃しなく

交換して頂いたのは、自家製米ナス&福島産桃&かすみそうでした。

料理にも使用されており、とても美味しいです。

 

【活力となる言葉】

人間は2度死ぬ。1度は、肉体が滅んだとき。2度目は忘れ去られた時。先祖の思考が残る限り自分の中に生きている。

by.toshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です