イベント開催joinしらかわ魂2017 いぐべっ!夏祭り!

【奇跡の出会い~全ての出会いは意味がある~】

「出会い」それは「人」であり「機会」であり「気づき」である。

白河商工会議所青年部主催のしらかわ魂2017 いぐべっ!夏祭り!が白河駅前イベント広場にて開会されました。

 

(公社)白河青年会議所もブース出展しております。

しゅまいサミットにも出店していた中華料理 王王楼とコラボ出店!!

今回は、王王楼さんに協力を頂いて、(公社)白河青年会議所メンバーが作ります!!

作ると言っても蒸してるだけなんですけど!準備なんかは、王王楼さんに全面協力頂いてます。

21:00までですので、お誘い合わせの上 遊びに行きましょう!!
最後にYEGポーズにて集合写真!


【わらしべ物語~人間社会・経済の原点は物々交換だ!~】

世界を魅了したバンド ABBA レコードと交換して頂いたのは(公社)白河青年会議所 OBでもあり、第40代歴代理事長の鈴木茂久先輩でした。

鈴木先輩は、白河ロータリークラブ 直前会長も務めており、多方面でご活躍されております。

又、㈱鈴木建築設計事務所を経営されております。

交換して頂いたのは、室井 東志生 先生 飾り扇でした。

室井 東志生 先生

日本画家で日展理事の室井東志生は10月5日、胃がんのため死去した。享年77。
1935(昭和10)年2月25日、福島県下郷町に生まれる。本名利夫。中学時代より日本画に憧れ、高校卒業後に上京して東京都内の美術学校に通うも身体を壊し帰郷。中学教師を勤める傍ら県総合美術展覧会(県展)に出品、審査員の大山忠作と交流を深め再び上京、大山の紹介で58年橋本明治に師事する。60年第3回新日展に東志生の雅号で応募した「緑蔭」が初入選し、以後毎年入選。67年法隆寺金堂壁画再現模写で橋本明治班に加わり11号壁の普賢菩薩像模写に従事。69年には橋本明治の助手として皇居新宮殿正殿松の間杉戸絵「桜」制作に携わる。69年改組第1回日展で「家族」が特選・白寿賞、78年10回展で「女人」が特選を受賞。83年日展会員となる。85年には院展の高橋常雄、大矢紀、日展の中路融人とともに異歩騎会を結成。1995(平成7)年「夢結」で第27回日展会員賞受賞。99年日展評議員となる。2004年第36回改組日展で舞妓と孔雀を描いた「青曄」が内閣総理大臣賞を受賞。12年日展理事となる。気品のある中に妖しさをはらんだ作風を追究、舞妓や、五代目坂東玉三郎、五代目柳家小さんら著名人をモデルとした作品を発表し人気を博した。

【活力となる言葉】

幼き頃、夢を持てと教わり。大人になれば、現実を見ろと言う。

しかし、夢を叶えた大人は夢を持ち続けた者だけだ。

by.toshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です